勃起不全と早漏の2つの症状を改善する治療薬タダポックス

タダポックスは勃起不全と早漏の2つの症状を改善するために開発された飲み薬で、1つの錠剤に2つの異なる成分が配合されています。

1つ目はタダラフィルと呼ばれる勃起不全に効果を発揮するもので、大元はシアリスと呼ばれるED治療薬の成分となります。

長時間作用型の成分であり、勃起を維持するために必要な物質を破壊するPDE5と呼ばれる酵素を阻害します。

さらに血管を拡張することで、海綿体への血流の増進をして自然な勃起を促すことができます。

タダラフィル20mgの服用で最大36時間は効果を発揮する特徴を持ち、副作用も少ないことから人気のある成分となっています。

もう一方の成分はダポキセチンと呼ばれる作用的にはSSRIに分類されるものです。

脳内物質のセロトニンの分泌量を増やすことで精神を落ち着かせ、余計な興奮や緊張を静めることで射精のタイミングをコントロールしやすくします。

一般的には射精までの時間が3~4倍は長くなるということなので、挿入から1分以内に射精してしまう人なら、3~4分まで耐えられるようになると言われています。

本来タダラフィルは性行為の3時間前に服用を推奨していますが、ダポキセチンは短時間作用型となっていて、効果が持続するのは5~6時間となっているため、性行為の1時間前には服用して使用する必要があります。