タダラフィルとダポキセチンが配合されている薬タダポックス

タダポックスはタダフィルとダポキセチンが配合されている薬です。

タダフィルはED治療薬として使われている主成分で、ダポキセチンは早漏改善の治療薬で、その二つが1つの錠剤で摂取できるものです。

EDになると約25%の人が早漏に悩まされるようになると言われているのですが、タダフィルがEDの原因となる酵素を抑えることで海綿体に流れ込む血液の量を増やしてEDを改善し、ダポキセチンは性行為の際の射精時間を延ばす働きがあり、平均で3~4倍の効果が期待できると言われています。

従来のED治療薬よりも食事の影響を受けにくいのが特徴で、アルコールも少量であれば問題なく服用できると言われています。

性行為の約1時間前に服用することで効果が期待でき、持続時間も36時間という長時間になります。

服用の際には高血圧や低血圧、狭心症や心不全など循環器系の薬を服用している場合には薬の効果が強く出過ぎてしまって薬の効果が出過ぎたり、血圧が一気に低下してしまい低血圧になって意識を失ったり命の危険もあるもののため、これらの薬を服用している場合にはタダポックスは服用が禁止されています。

服用を希望する場合にはかかりつけの医師に相談してからにしましょう。